スポンサーリンク

現在の閲覧ページ

トップページ > 条文解説(目次) > 第3章 法人 > 民法第66条

民法条文解説

民法第66条

本頁では、民法第66条について解説しています。

民法第66条の条文

第66条

削除

民法第66条解説

趣旨

スポンサード リンク

本条は、2008年12月1日の法人整備法(正式名称「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」)、法人法(正式名称「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」)、公益認定法(正式名称「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」)の施行により、削除されました。

なお、改正前の民法により設立された社団法人・財団法人は、特例民法法人として存続し、移行期間の終了(2013年11月30日)までに、公益社団法人・公益財団法人として認定を受け、または一般社団法人・一般財団法人として認可を受けることができます(法人整備法第44条・同第45条)。

この移行期間中に認定・認可を受けない場合は、移行期間の満了の日に解散したものとみなされます(いわゆる「みなし規定」。法人整備法第46条)。

旧規定について

本条は、2008年の民法改正以前は、社団法人と特定の社員との関係(いわゆる利益相反行為)の議決と評議件について規定されていました。

なお、旧民法66条の規定は、次のとおりです

旧民法第66条(表決権のない場合)

社団法人と特定の社員との関係について議決をする場合には、その社員は、表決権を有しない。

対応する新規定について

2008年の民法改正以降の本条に対応する新規定は、法人法第84条です。

契約実務における注意点

本条はすでに削除された規定ですので、特に契約実務において注意すべき点はありません。

注意すべき契約書

  • 特に注意すべき契約書はありません。

スポンサード リンク

最終更新日2011年10月10日