スポンサーリンク

現在の閲覧ページ

トップページ > 条文解説(目次) > 第5章 法律行為 > 民法第105条第1項(復代理人を選任した代理人の責任)

民法条文解説

民法第105条第1項(復代理人を選任した代理人の責任)

本頁では、民法第105条第1項(復代理人を選任した代理人の責任)について解説しています。

民法第105条第1項(復代理人を選任した代理人の責任)の条文

第105条(復代理人を選任した代理人の責任)

1 代理人は、前条の規定により復代理人を選任したときは、その選任及び監督について、本人に対してその責任を負う。

2 代理人は、本人の指名に従って復代理人を選任したときは、前項の責任を負わない。ただし、その代理人が、復代理人が不適任又は不誠実であることを知りながら、その旨を本人に通知し又は復代理人を解任することを怠ったときは、この限りでない。

民法第105条第1項(復代理人を選任した代理人の責任)解説

趣旨

スポンサード リンク

本項は、復代理人を選任した代理人の責任について規定しています。

第104条の規定によって復代理人を選任した場合、代理人は、本人に対して、復代理人の選任や監督についての責任を負います。

民法上、任意代理人よる復代理人の選任自体は、例外的にしか認められていません(第104条参照)。任意代理による代理行為は、原則として、すべて任意代理人の責任によりおこなわれます。

このため、復代理人を選任した場合であっても、その選任や監督には、代理人が責任を持たなければなりません。

責任を持つということは、具体的には、代理人の選任や監督に問題があった場合において、復代理人によって本人に何らかの損害が発生したときは、代理人がその損害を賠償しなければなりません。

なお、代理人と復代理人との間の責任は、本項とは別の問題です。

契約実務における注意点

代理人として復代理人を選任する場合は、本項にもとづいて本人から責任を追及されないよう、慎重に復代理人を選任するべきです。

そもそも、復代理人の選任については、よほどの事情がない限り、おこなうべきものではありません(第104条参照)。この点からも、できるかぎり、すべての代理行為を復代理人を選任せずに、自らの責任においておこなうべきです。

やむを得ず復代理人を選任せざるをえない場合、本人と取り交わす委任契約書において免責条項を規定し、できるかぎり責任の範囲を限定しておきます。

なお、復代理人との復委任契約書においては、代理人が復代理人を監督できる規定を明記しておきます。これは、復委任契約書にもとづいて復代理人を監督できなければ、代理人としては、本項の監督義務を果たすことができないからです。

注意すべき契約書

  • 代理人との委任契約書
  • 復代理人との復委任契約書

スポンサード リンク

最終更新日2011年10月10日