スポンサーリンク

現在の閲覧ページ

トップページ > 条文解説(目次) > 第5章 法律行為 > 民法第105条第2項(復代理人を選任した代理人の責任)

民法条文解説

民法第105条第2項(復代理人を選任した代理人の責任)

本頁では、民法第105条第2項(復代理人を選任した代理人の責任)について解説しています。

民法第105条第2項(復代理人を選任した代理人の責任)の条文

第105条(復代理人を選任した代理人の責任)

1 代理人は、前条の規定により復代理人を選任したときは、その選任及び監督について、本人に対してその責任を負う。

2 代理人は、本人の指名に従って復代理人を選任したときは、前項の責任を負わない。ただし、その代理人が、復代理人が不適任又は不誠実であることを知りながら、その旨を本人に通知し又は復代理人を解任することを怠ったときは、この限りでない。

民法第105条第2項(復代理人を選任した代理人の責任)解説

趣旨

スポンサード リンク

本項は、本人の指名により復代理人を選任した代理人の免責について規定しています。

本人の指名によって復代理人を選任した場合、代理人は、第105条第1項の責任を負いません。

ただし、代理人が復代理人が不適任または不誠実であることを知りながら、その旨を本人に通知しまたは復代理人を解任することを怠った場合は、その責任を負わなければなりません。

本人の指名がある以上、その指名に従って復代理人を選任した代理人は、その復代理人の選任や監督について、責任を負いません。

ただ、いくら本人の指名があるとはいえ、明らかにその復代理人が不適任であったり不誠実であった場合は、その旨を本人に通知したり、復代理人を解任しなければ、代理人は、復代理人の選任や監督について、責任を負わなければなりません。

契約実務における注意点

本項により、本人に指名された復代理人については、代理人は、復代理人の選任・監督について責任を負うことはありません。ただ、本項但書きによって、完全に免責されることはなりません。

このため、代理人は、少なくとも復代理人の人となりや人物を見極めて、復代理人が本項但書きでいうところの、「不適任」でないことや「不誠実」でないことを確認しなければなりません。

もっとも、何をもって「不適任」「不誠実」といえるのかは、本項では明らかではありません。

この点から、代理人として本人と委任契約を結ぶ場合において、復代理人の指名があるときは、委任契約書の内容を本項ただし書きの適用を除外し、復代理人の選任・監督について、完全に免責する内容とすることも検討するべきです。

注意すべき契約書

  • 代理人との委任契約書
  • 復代理人との復委任契約書

スポンサード リンク

最終更新日2011年10月10日