スポンサーリンク

現在の閲覧ページ

トップページ > 条文解説(目次) > 第5章 法律行為 > 民法第135条第1項(期限の到来の効果)

民法条文解説

民法第135条第1項(期限の到来の効果)

本頁では、民法第135条第1項(期限の到来の効果)について解説しています。

民法第135条第1項(期限の到来の効果)の条文

第135条(期限の到来の効果)

1 法律行為に始期を付したときは、その法律行為の履行は、期限が到来するまで、これを請求することができない。

2 法律行為に終期を付したときは、その法律行為の効力は、期限が到来した時に消滅する。

民法第135条第1項(期限の到来の効果)解説

趣旨

スポンサード リンク

本項は、始期付き期限の到来の効果について規定しています。

法律行為にその法律行為が始まる時期を定めた場合、その法律行為の履行を請求できる者は、その時期が到来するまで、その請求をできません。

法律行為をいつ始めるのかの時期を規定した場合、債権者は、その時期まで、債務者に対し、その法律行為の実施を請求することができません。言い換えれば、債務者は、その時期まで、その法律行為をおこなう義務がありません。

時期については、確定的な時期であろうと、不確定的な時期であろうと、有効に規定することができます。

なお、この場合(特に後者の場合)は、むしろ停止条件(第127条第1項参照)とみなされる可能性もあります。

契約実務における注意点

契約実務において、権利義務ついて、時期や条件の設定は、非常に重要です。

本項により、始期を設定した場合は、その始期を経過することにより、債権者は債務者に対し、権利の行使ができるようになります。逆に、債務者は債権者に対し、義務を履行しなければなりません。

このため、始期の設定は、非常に重要となります。

この点について、始期を設定する場合は、当事者間で誤解が生じないように、明確に設定しなければなりません。特に計算方法で設定する場合や、不確定的な始期を設定する場合は、始期が到来したかどうかを巡って、当事者間でトラブルとなる可能性があります。

このため、契約書を作成する際には、誰が解釈した場合であっても同じ始期として解釈できるように、正確に始期を設定する必要があります。

注意すべき契約書

  • すべての契約書

スポンサード リンク

最終更新日2011年10月10日