スポンサーリンク

現在の閲覧ページ

トップページ > 条文解説(目次) > 第6章 期間の計算 > 民法第142条(期間の満了の特例)

民法条文解説

民法第142条(期間の満了の特例)

本頁では、民法第142条(期間の満了の特例)について解説しています。

民法第142条(期間の満了の特例)の条文

第142条(期間の満了の特例)

期間の末日が日曜日、国民の祝日に関する法律 (昭和23年法律第178号)に規定する休日その他の休日に当たるときは、その日に取引をしない慣習がある場合に限り、期間は、その翌日に満了する。

民法第142条(期間の満了の特例)解説

趣旨

スポンサード リンク

本条は、期間の満了の特例について規定しています。

期間の末日(第143条第1項参照)が日曜日、国民の祝日に関する法律 (昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日その他の休日に当たるときは、その日に取引をしない慣習がある場合に限り、期間は、その翌日に満了します。

日曜日やいわゆる祝祭日が期間の末日に該当する場合、その日に取引をしない慣習があるときに限って、その日は期間が満了せずに、その翌日に期間が満了します。

なお、「その他の休日」には、土曜日や年末年始(三が日)なども、場合によっては該当する可能性があります。

ここでいう「取引」とは、ビジネス上の取引だけに限るわけではありません。

契約実務における注意点

契約書作成実務において、本条は重要な規定です。

本条のような計算方法は、知らなければ実務では対応できないものです。例えば、本条の計算方法を知らないことにより、契約違反となってしまうことも考えられます。

このため、計算方法を間違って、結果的に契約違反となってしまわないよう、本条の計算方法は覚えておかなければなりません。

注意すべき契約書

  • すべての契約書

スポンサード リンク

最終更新日2011年10月10日