スポンサーリンク

現在の閲覧ページ

トップページ > 条文解説(目次) > 第7章 時効 > 民法第165条(第164条の準用)

民法条文解説

民法第165条(第164条の準用)

本頁では、民法第165条(第164条の準用)について解説しています。

民法第165条(第164条の準用)の条文

第165条(第164条の準用)

前条の規定は、第163条の場合について準用する。

民法第165条(第164条の準用)解説

趣旨

スポンサード リンク

本条は、第163条への第164条の準用について規定しています。

前条(第164条参照)の規定は、第163条の場合について準用します。

本条により、所有権以外の財産権の取得時効についても第164条の規定が準用され、その財産権を行使する者が任意にその行使を中止し、または、他人によってその行使を妨害された場合、第147条の例外として、その時効は中断します。本条の中断を「自然中断」といいます。

契約実務における注意点

取得時効は、契約によらずに権利を取得する制度であるため、契約実務上は、さほど重要ではありません。

注意すべき契約書

  • 特に注意すべき契約書はありません。

スポンサード リンク

最終更新日2011年10月10日