スポンサーリンク

現在の閲覧ページ

トップページ > 条文解説(目次) > 第7章 時効 > 民法第170条(3年の短期消滅時効)

民法条文解説

民法第170条(3年の短期消滅時効)

本頁では、民法第170条(3年の短期消滅時効)について解説しています。

民法第170条(3年の短期消滅時効)の条文

第170条(3年の短期消滅時効)

次に掲げる債権は、3年間行使しないときは、消滅する。ただし、第2号に掲げる債権の時効は、同号の工事が終了した時から起算する。

(1)医師、助産師又は薬剤師の診療、助産又は調剤に関する債権

(2)工事の設計、施工又は監理を業とする者の工事に関する債権

民法第170条(3年の短期消滅時効)解説

趣旨

スポンサード リンク

本条は、3年の短期消滅時効について規定しています。

次に掲げる債権は、3年間行使しないときは、消滅します。

  1. 医師、助産師または薬剤師の診療、助産または調剤に関する債権
  2. 工事の設計、施工または監理を業とする者の工事に関する債権

ただし、第2号に掲げる債権の時効は、同号の工事が終了した時から起算します。第1号における時効の起算点は、個別の案件によります。

契約実務における注意点

消滅時効は、契約にもとづく権利義務が消滅する制度であるため、契約実務上は重要です。

特に、本条第2号は、事業者間の契約として、また事業者と消費者との契約としても、非常に多くおこなわれている建設工事に関連する契約です。

この点から、建設業界に関連するすべての事業者にとって、本条は、極めて重要な規定であるといえます。

なお、本条における消滅時効の期間は3年です。見出しに「短期消滅時効」と記載されているとおり、この期間は短いといえます。

このため、本条各号の債権の債権者は、できるだけ、時効の中断(第147条参照)などにより、債務者による時効の援用(第145条参照)を防ぐための措置を取るようするべきです。

注意すべき契約書

  • 建築物設計契約書
  • 建設工事請負契約書
  • 建設工事監理業務委託契約書

スポンサード リンク

最終更新日2011年10月10日