スポンサーリンク

現在の閲覧ページ

トップページ > 民法総則用語辞典(総目次) > 民法総則用語辞典あ行(目次) > 一般法

一般法

一般法の意味

スポンサード リンク

一般法とは、ある事項全般について一般的に適用される法律のことです。

例えば、民事上のことに全般については、民法が一般法として適用されます。ただし、一部の民事上のことについては、民法ではなく別の法律が適用されることがあります。

例えば、商人による取引については、商法が優先して適用されます(商法第1条)。

また、事業者と労働者との労働契約には、民法の雇用(第623条以下参照)の規定よりも、労働基準法や労働契約法が優先して適用されます。同様に、不動産の賃貸借には、民法の賃貸借(第601条以下参照)の規定よりも、借地借家法が優先して適用されます。

このように、一般法よりも優先して適用される法律のことを、一般法に対して、「特別法」といいます。

補足

一般法と特別法の関係は、絶対的なものではなく、相対的なものです。つまり、ある法律が一般法であるとか、特別法であるとかいうように決まっているものではありません。

このため、法律Aと法律Bの関係が一般法(法律A)と特別法(法律B)の関係であっても、法律Bと法律Cの関係が一般法(法律B)と特別法(法律C)であることがあります。

法律間の優劣については、明文で規定されていないこともありますので、常に気をつけなければなりません。

契約実務における注意点

契約実務においては、多くの場合が民法が一般法になります。このため、契約には一般法である民法が適用されるされることが多いといえます。

しかしながら、契約に適用される民法の特別法は数多くあり、それこそ枚挙に暇がありません。主要なものでも、すでに述べた商法、労働基準法・労働契約法、借地借家法のほか、消費者契約法、特定商取引法、金融商品取引法、利息制制限法、貸金業法、労働者派遣法などがあります。

また、厳密には民法の特別法とはいえないかもしれませんが、独占禁止法や下請法なども関係してきます。

契約実務においては、民法の他に、これらの特別法についても、慎重に検討する必要があります。

スポンサード リンク

最終更新日2011年10月10日